ここは昭和香る山間の田舎町。
夏休みを謳歌する子どもの声と蝉時雨に包まれる。
さあ、炎天下へ駆け出せ。

画像が読み込めません。再読み込みして下さい。

“常夏日記”



昭和の雰囲気漂う田舎の夏を満喫するボードゲームです。

人数 2〜4人 時間30〜60分  年齢 10歳〜




様々なアクションを使いながら駒を動かし、
ホワイトボードマーカーで線を引いて近道を作り、
サイコロを振ることで硬貨の獲得や生き物の捕獲をし、
アイテムを買うことでゲームを有利に進めていきます。
懐かしのあの遊びをボード上で行います。



-特徴-
・どこか「懐かしい世界観」
・「豊かな自然」に溢れたマップ
・様々な「生き物」たち
・昔懐かしい「駄菓子・玩具」
・おはじきなどの「多様なコンポーネント」
・本格的な「ホワイトボード加工」
・ボードに直接描く「ラインドローイング」
・「追加ルール」により遊びが増える



-追加ルール-

常夏日記インスト用シナリオ「夏の訪れ」

常夏日記 2日目 「かけっこ」


プレイ風景
常夏日記 プレイイメージ

説明書(改訂版)ダウンロード
ゲームマーケット2016春にて同梱した説明書が難解だったため、一から作り直しました。


常夏日記 エラッタ・Q&A
同梱した説明書にエラッタ(誤植)がありました。
(上記でダウンロードできる説明書はエラッタ修正済みです。)
Q&Aとして分かりにくい点をまとめました。


常夏日記写真

「ローカルルール」も募集中です。下記フォームよりご投稿下さい。
ご質問・お問い合わせ
© 2017 SoLunerG